全然お気楽じゃなかった・・・・キマリスヴィダール 完成です

フルメカバエルで後回しにされてたキマリスヴィダール、完成しました!

2017052901.jpg

今までオルフェンズのガンダム系はいくつか作ったのですが、その中でも合わせ目処理が多いキットだった気がするこのキマリスヴィダール。けど、素の状態から既に色々と良い感じだったので、中断にもめげず最後までモチベーションは維持出来ました。珍しい!!ちょっと鶏っぽいけどカッコイイですよ。。。。

2017052902.jpg

ではでは、大きな改修はしてないのですが、いくつかアレンジしたり頑張ったポイントがあったのでご紹介させていただこうかと思います。

フレームは最早定番となりつつある腰延長を3mmほど。これは上下腰接続部の間、上半身側のシリンダーとボールジョイント部の間にジャンクパーツを挟む形で構成しました。こないだ製作したフルメカバエルと似たような方法です。あとは肩のシリンダーですが、ここも真鍮線を入れて長さを出す事でそれっぽくしてます。これも定番ですね。

2017052906.jpg

一番手を入れたのはフレームの腰後ろで、ここに可動式のアームを追加してます。これは、腰後ろの装甲を後ろ方向へボリュームアップさせたかった事と、可動式にしたかった事の2点から。素の状態だと、腰後ろ装甲が横装甲の中にめり込む感じになってしまっていて、側面から見た時の腰下の末広がり感?がイマイチだったので、ここはもう大きく後ろ方向へ伸ばしてしまおうと。

2017052904.jpg

↑この写真だと全然違和感無いっていうか効果無いように見えるんだけど、ホントはこのアングルだと腰後ろ装甲はほとんど見えない(はず!)です。キマリスヴィダールこれから作るよ!て方はちょっと見てみて、気になったら加工をお勧めしますよー。
ちなみにシールドを支えるアーム2本も大きく肉抜きがあるので埋めました。

2017052907.jpg

珍しく苦手な裏打ちも作ってみたり・・・・ちょっと頑張った。軸の他に2本のコードで本体に接続です。

2017052905.jpg

回の製作で一番考えたのは、どのくらい「ヴィダール」要素を入れるのかという事でした。最初はカラーリングも上半身のカラー(明るい系のね)で全身統一してキレイにしようかとも考えたのですが、せっかくネーミングもキマリス「ヴィダール」だし、あの1期ラストを経てのキマリス&ガエリオだったので、カラーリングを「戻す」というのはやめようと思いました。なので、逆にヴィダール要素をもう少し追加していく方向で進めました。

という事で、可動にした事で丸見えになった腰後ろ装甲内にはヴィダールの膝にあった大型バーニアを連想させる盛りこみをしています。バーニア内部が赤なのもその為!全体カラーは設定ではもっとパープル寄りなのですが、下半身を茶系から紫寄りにしたので、その分上半身から紫系を抜く事で元のカラーのアンバランスさとキマリスヴィダール「らしさ」を引き継ごうと思いました。

2017052903.jpg

ここまでUPにすると耐えられないというか、ちょっと汚いのですが・・・・
外装でのアレンジは上半身、特に顔周辺に集中しています。頭の前方向への鶏冠部分に彫りこみを少し入れ、顎下を鋭角に延長。胸回りに切り欠きを入れて、翼端板のようなものを左右に2枚ずつ立てています。

あと、肩!スラスターなのか武器なのかわからなかった肩の二重丸ディティテール部に赤いセンサーのようなものを入れました。
これはキマリスヴィダールのコクピットにあったAlaya vijyanana type Eのイメージで製作してます。あのシステムはアインの象徴のようなもの。劇中でのシステム発動シーンがとても印象的だったので、ヴィダール要素の一部として外装にも反映させてみてます。

2017052908.jpg

拳も力が入った感じにしたかったので、次元ビルドナックルの角を使用し、甲部分だけ彫りこんでディティールを元デザインに合わせています。皆さんやってらっしゃる親指復活加工は・・・・サボりましたね・・・・これは。後から気が向いたら!て事で。
(こういうとこ手抜くからだめなんだよね・・・・)

2017052910.jpg

そのくせ、どうでもいいところにはちょっと拘ってます。腕パーツ、キットではパープル部分とグレー部分が一体になっているのですが、肘を曲げた時にこの部分が一つとして動くのはどうにも違和感があったので別パーツとしました。で、パープル部分をどうやってフレームに固定しようか悩んだ結果、二の腕後ろのシリンダーに長めのスプリングを被せて、それに接着してます。多少であれば腕が可動した時にずれてくれるので、いくらか邪魔にならないようになってます。といっても許容範囲は狭いんですけどね。見た目重視ですね。

あ!あと忘れちゃいけない膝ドリル!!
付属の可動時の長いドリルを輪切りにして、うち2つの先を削りこんだものを内部に入れてます。
差し替えは出来なくなっちゃいましたが、これも見た目重視で。ちゃんと入ってますよ。 笑

こんなところでしょうか。

2017052909.jpg

レクス同様、お気楽モデリング目的で始めたキマリスヴィダールでしたが、今思えば足パーツの合わせ目を気にして3分割したところからもうお気楽じゃないやつになってました。でもまぁカッコ良く出来たので良し!です!

近々函館文教堂ビーズホビーさんに展示予定なので、お近くの方はご覧になって頂ければ大変嬉しいです。
ではではー。
スポンサーサイト

5月です バエル完成

フルメカニクス ガンダムバエル 完成しました。

2017050301

前回の更新でフレームは載せたので、今回は外装取りつけ済み完成形です。

2017050308

フレームの腰、首延長と、多少のディティールアップ加工を施していますが、ほとんどキットのままです。
白塗装はホコリが付着するとかなり目立つ上、今回は結局半ツヤ仕上げ(本人は完全グロス目指しましたが到達せず)となったので、いつものマット仕上げ以上に「わー!」とか「あ”--」とか言ってました。こうやって完成した今も写真編集の拡大で見ると結構残ってしまっているのがわかって涙してるところ。

2017050302

折れた折れたと話題だったバエルソード。金の上にホイルゴールドのデカールを貼りたいと思っていたので、塗装の金はあえてちょっと明るめのブラスを選びました。手持ちの武装はホントにこれだけなので、作る側としてはかなり楽。大型武器のような合わせ目も無いですしよいよい。

2017050307

そのバエルソードを納めるソードラック的な部分は可動範囲がかなりあって、角度次第では本体のボリュームが増して見えるので、かなりカッコイイ部分です。キットのままだとフレームとの接続部分が色分けされておらずグレーのまま。自分はそれに気づかずにフレームの延長色で塗ってあったのですが、結構終盤に気づいてしまって塗装し直しとなりました。これから作る方は注意ですよー(皆知ってると思うけど)!あと、腰の右後ろにマッキーの為に「正しいバエルの使い方」風にデカールを配置してみました。
乗っても皆言う事聞いてくれるわけじゃないからね!みたいなことが書いてあるのかもしれません。

2017050305

実は正面よりも後ろ姿が個人的にカッコイイと思ってます。こういうなんていうか、羽根っぽくない羽根?ウイングとかデスティニーみたいなバサッとしたやつじゃなく、バインダー的な?(バインダー??)形状がいいです。腰のソードラックとも相まってとにかくカッコイイ。

2017050304

これも個人的になのですが、羽根本体と背中の間の空間がとてもカッコイイと感じていたので(わかってくれる人いるかなぁ)、この空間を少し広げる為に羽根と基部を繋ぐパーツの差し込み部に別パーツを挟む事でちょっとだけ延長しています。金色のワッシャーみたいな部分ですね。見た目にもちょっと豪華になってくれました。逆に言えば、今回のこだわりポイントはここだけかも・・・・

2017050303

あ、でも外装パーツの裏側は全て暗色で塗装しています。これは塗装する時にこだわったポイント。特にオルフェンズ系はフレームが露出する部分が多いので、必然的に外装の裏側が見える部分も多いように見えます。ここをしっかり塗っておくと、完成後の重さがだいぶ変わると思って頑張ってみました。満足。

2017042404

という感じで、なんとか無事完成まで辿りつけました。購入当初は、

「3日くらいで作って売ってみようかなへっへっへ」

みたいな思惑だったのですが、3日で出来たのは素組みだけという手の遅さ。。。。
加えて、オークション等の落札価格はマッキーの期待外れ感が相場を荒し?あれよあれよと下がっていったので、途中からは売るのは諦めたというのが正直なところ。ちょうど7月に地元函館の模型サークル「ど~なんよ」さんの展示会があって、そこに出せそうな作品が何も無かったので、バエルはそこで活躍してもらおうかと思っています。

さ、次は中断してたキマリスヴィダール頑張らねば!手数的にはこっちの方が全然多い状態なので、自分としても完成が楽しみなのです。

2017050306
プロフィール

ai r4

Author:ai r4
RISESといえばDARK KNIGHT
立ち上がれガンダム
意味不明ですみません

welcome
カテゴリ

finished


http://air4.blog.fc2.com/blog-category-29.html

http://air4.blog.fc2.com/blog-category-28.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-25.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-24.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-23.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-22.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-21.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-20.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-14.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-13.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-12.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-11.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-10.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-9.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-8.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-7.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-13.html

unfinished


http://air4.blog.fc2.com/blog-category-14.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-15.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-16.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-17.html



最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク