EXPO in HAKODATE 行ってきました (歴代チャンピオン作例編)

ガンプラEXPO in HAKODATE 「歴代チャンピオン作例編」

expo6

EXPOレポ後編は、歴代チャンピオン作例編です。
「ガンプラEXPO」といえば新作発表!という言葉が真っ先に思い浮かびますが、モデラーの端くれとしていざ会場で目に止まるのは、やはり圧倒的なオーラを放つ歴代チャンピオンの方々の作例達です。これを見て、何を感じて、何を持って帰れるのか?が、自分にとって今回最も価値のある事でした。限定商品もいいけど、こっちの方がずっとスゴイんだよ!!って、来る人来る人にプレゼンしたいくらいの作例の数々。これらをじっくりと見られるだけでも嬉しい事ですが、加えて今回の会場の利点としては「裏側に回れる」というのが大きなポイントでした。しかも時間帯によってはあらゆる角度からそれこそ記憶に刷り込むくらいの余裕があったので、これは造る側としてはこれ以上ない学習時間だったと感じています。

あとはこれを自然にアウトプットできるだけの技術が身に付けば!    ・・・・それが問題ですね。

という事で、お待たせしました。作例をどうぞー↓

の前に、※注意!! 記事を読み進める上でのお約束!

その1、ここで掲載している素晴らしい作例はどれもが記事を書いているair4の技術を凌駕していますので、技術的なコメントは控えさせていただきます。自分がコメントできるのは「褒め言葉」くらいしかありませんのであしからず!

その2、加えてカメラを全然つかいこなせてない所謂「素人」なので、作品の正確な色は自分の技術ではほとんど再現できていません。大抵の場合写真の方が劣っておりますので、作例はもっと美しいとイメージを膨らませながらご覧ください。


■ 「グフ飛行試験型 Ver .ROKU」

expo_1

GBWC2015 Open course 日本大会優勝 ROKUさんのグフ飛行試験型Ver.ROKUです。
コメントには「HGUCでMSVグフ飛行試験型が発売されれば、今風にこんなスタイルになるのでは?」とありました。
色々な設定を決めた上での必然として表現された工作と塗装。ふだんそこまで深く考えずに手を進めてしまう自分としては、考え、というかアプローチ自体を改めさせられる作品でした。ほんとこの説得力はすごい!ていうかスゴイっていうのも失礼かもしれないというよくわからない思いに駆られるほどすごい・・。

IMG_04321.jpg


■ 「フリーダム C.E.73」

expo_2

GBWC2014 Open course 日本大会優勝 → 世界大会2位 ヨシさんのフリーダムです。
実は前日にたまたまモデラーズギャラリーさんでこの作品を見ていて、「どーなってんのこれ!?」と思っていたところだったので、非常にタイムリーだったというか自分としてはちょっとしたサプライズでした。おかげさまで前から後ろから上から下から、時間の許す限り目に焼きつけてくる事が出来ましたが、その結果出た答えは「自分には無理」でした・・・・。それでもいつか!自分でも気づかないうちに作品にその片鱗が表れてきてくれることを願いつつ、今はひたすら手を動かしていこうと。ほんと凄かった。
コメントには「ヤキンドゥーエ攻防戦にて大破した機体を改修し、2年後のSEED DESTINYでキラが搭乗した「後期型フリーダム」を想定した」とありました。そういう作り手の設定を知ると、作品を見るポイントがまた変わってきますものね。

ちなみにこのコメントボード、作品に目を奪われると全く目に入らなくなってしまいます。観覧者の膝位置くらいにあってとても見づらいんですよね。これからEXPOを訪れる予定の方は、このボードを読みながら作品を見る事をお勧めします!

IMG_04341.jpg


■ 「ガンキャノンⅡ改 【漫画ジャブローズスカイ作例】

expo_3

GBWC2013 Open course 日本大会優勝 → 世界大会優勝 あのシュンさん製作のガンキャノンⅡ改です。正直詳しくはわからないのですが、漫画「ジャブローズスカイ作例」とあるので、もしかして4巻の表紙になってるとか??はたまた物語に登場する作例ということなのか??いずれにせよこちらももう、なんていいうか・・・・すごいんですよ。ほんとに。すごいんです。会場では、あのサイズのガンキャノンにはちょっと大きすぎるショーケースに思えるのですが、周囲のスペースが逆に存在感を強調させていて、通り過ぎた人も振り返って戻ってくるくらいの「何か」がありました。
コメントには「REVIVEガンキャノンをベースにプラバンとパテ、旧キットのガンキャノンⅡなどを使用し製作しました」というシンプルなお言葉が・・・・。

IMG_04361.jpg


■ 「1/100ガンダムグシオン・REBOOT」

expo_9.jpg

GBWC2012 Open Course 日本大会優勝 六笠さんのグシオンREBOOTです。
コメントには「機体コンセプトは空間戦と陸戦(不整地)で使用するマルチロール機。」とありました。過去の遺物を再起動させ、近代戦用に再構築することでREBOOTしたという設定のようです。うーん、難しい設定・・・・。どちらかというとアニメというよりスケールモデルのような設定というか、それなりの知識や幅がないとその設定自体が出来ないと思います。やっぱりガンプラ上達の近道は、それだけに打ち込むことよりも、色々な事を吸収して自分の幅を広げてゆくことが大事なんだろうなーと改めて思いました。
白のグシオンですが、塗装の説得力が凄くて、迫力がありますね!こんな感じの塗装にも憧れます。

IMG_04381.jpg


■ 「バルバトス」

expo_5

GBWC2011 Open Course 日本大会優勝 → 世界大会3位 ヤマタツさんのバルバトスです。
実は、新作、旧作、作例、全てのガンプラの中で、個人的に1、2を争うほどにどストライクだったのがこのバルバトスでした。
戦場の乾いた空気感や、触れば切れそうな程の緊張感が伝わってくる作品で、ややしばらくこの前から動けなくなってしまったという・・・・。加えてLED発光の美しさ。今まで難しそうなイメージばかりが先行して挑戦した事は無かったのですが、その先にこの美しさがあるのなら頑張ってみる価値はあるなぁと思いました。
コメントには「電飾してある部分は全てクリアレジンで作りなおし・・」と・・。電飾だけでも高いハードルなのにクリアレジンでパーツ作成となるともはや自分には未知の領域。「台座に傾斜をつける事で、バルバトスをより大きく魅せる効果をもたせてみました」ともあります。そうなんだ・・。そこまで考えたことない・・。ほんと勉強になります。

IMG_04401.jpg


■ 「ストライク&ダークマター」

expo_6

GBWC2016 Junior course 日本大会優勝 → 世界大会2位 ダークマターさんのストライク&ダークマターです。
コメントには「アミューズメントパークのアトラクションの水の表現を参考に、父と相談してアクリル板を2枚使って下の板だけをターンテーブルで回転」と。残念ながら展示ではターンテーブルは動いていませんでしたが、実際はそれで宇宙のうねりを表現しているとのことです。塗装・シチュエーション・ポーズ、どこをとっても枠に捉われない表現で、教えられることがたくさん詰まった作品でした。

IMG_04422.jpg


■ 「永遠の絆 ~義経・弁慶 新しき国へ~」

IMG_04432.jpg

GBWC2016 Open course 日本大会優勝 → 世界大会優勝 現役世界チャンプ横田ユースケさんのあの作品です。
以前見かけたコメントで、「これは実物を見なければ素晴らしさの全ては伝えきれない」みたいなのを見かけていたので、実際に目にするのがとても楽しみでした。結果、そのコメントは本当だったと心から思います。どこを切り取っても伝統工芸のような仕上がりで、恐れ入ったという言葉以外自分には見つけることが出来ませんでした。個人的には、これまで話には聞いていたけど画像としてピックアップされていなかった(たぶん・・)橋の下に投げ捨てられた刀。ほんとにたくさん水の中に沈んでいて、この情景の物語を語りかけてくるようです。

expo_

あとは・・・・言葉よりも見て頂いたほうが。

expo_8

ちなみに幾多の画像に漏れず、当画像においてもこの作品の魅力はほとんど伝える事が出来ないと思います。
函館近隣のみならず、遠方からでもガンプラファンの方は足を運ぶ価値があると思いますので是非一度実物を見て頂きたいです。

expo_9


以上、ガンプラEXPO in HAKODATEからのレポートでした。

まだまだ初日が終了したばかり。週末には今日とは比べ物にならないくらいのお客様が押し寄せることと思います。
そして、その方々もたくさんのガンプラファンのうちのほんの一握りなのだと思うと、本当にガンプラの可能性は無限なのではないかとワクワクしてしまいますし、そのワクワクを感じている人々がいる限り、ガンプラに終わりはないのだと思います。

と、いう事は、

自分が続けたいと思っている限り、ガンプラの楽しさはこれからもずーっと自分や皆さんの傍にあるという事。
子供の頃からずっと続いている楽しい時間は、これから先も変わらずに続いてゆきそうです。

前編~後編と続けて更新しましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

IMG_0492.jpg
↑カッコイイです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ai r4

Author:ai r4
RISESといえばDARK KNIGHT
立ち上がれガンダム
意味不明ですみません

welcome
カテゴリ

finished


http://air4.blog.fc2.com/blog-category-29.html

http://air4.blog.fc2.com/blog-category-28.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-25.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-24.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-23.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-22.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-21.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-20.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-14.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-13.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-12.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-11.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-10.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-9.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-8.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-7.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-13.html

unfinished


http://air4.blog.fc2.com/blog-category-14.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-15.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-16.html
http://air4.blog.fc2.com/blog-category-17.html



最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク